生まれて初めてのヒプノセラピー

前回のアップから時間が少し経過してしまいましたが、私が生まれて初めて受けたヒプノセラピーについて書いてみたいと思います。


2021年8月、どうにもこうにも体が思うようにならない絶不調、心もズタボロ状態であった私は、病院ではない、けれど私をなんとか元の自分に戻してくれる「何か」「どこか」をひたすら探していました。

そんな時なんとなく目に留まったのが、ヒプノセラピー。どんなことをするのか、何がどう変わるのかもよくわからいままに、「なんとなく私を変えてくれそう!」とすがる思いで予約をし、東京・渋谷まで乗り込みました。


待っていてくれたのは優しそうで雰囲気の柔らかな、女性のセラピストさんでした。ヒプノセラピーに関してかなりの資格と経験をお持ちでありながら、ご自身も体調不良や心の病、そしてシングルマザーとして子育てされた経験をお持ちなど、相通ずるところのある方でした。

親近感をもち、洗いざらい自分の現状を話しました。初対面の方にこんなに話していいものか、と思う反面、わかってもらいたい一心ですべて打ち明けました。その上でセラピストさんから提案を受けたのは、「前世療法」というセッション。


以前からなんとなく興味はありつつも、まさか自分が体験することになるとは!このセラピーを受けることで今の自分から抜け出せるのならと、藁にもすがる思いでセッションをお願いしました。


前世療法を受けるには、まず催眠段階に入るところから。そもそも催眠というものがどんな状態なのか、そこからどんな風に展開し、何がどう作用して変われるのか・・。このアップの後に「催眠」について改めてブログで説明したいと思います。


詳しい説明をセラピストさんから受けたものの、イメージ半分。まずは体験するのみ!と

セッション用のリクライニングチェアに通していただき、心地よいリラックス状態の中、深い催眠状態へと進んでいったのでした。


セッションの内容はこの次のブログで!

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示